あなたの食卓に あきたの食財を、秋田の地酒とご一緒に「どうぞ召し上がれ!!」

浅利酒店は、東北秋田の、見事なほどな~んにもない田舎にあります。
東京から無理矢理来ようとすると、まず、「秋田新幹線 こまち」に乗って「角館」(みちのくの小京都と呼ばれている)で下車し、「秋田内陸縦貫鉄道(内陸線)」という一両列車に乗り換えます。 そして、20分ほど乗っているとトンネルをくぐり小さな川を渡ったすぐに「羽後長戸呂(うごながとろ-写真-)」というたんぼの真ん中にポツンとある無人駅に着くので、人家が集まっている方向に向かい、歩いて3分の橋のたもとにあります。(^^)
わからなかったら、たんぼで仕事している人に「ここらに酒屋はないですか?」訪ねれば絶対に教えてくれます。
ほんとに、何もないところですが、自然だけは子供の頃からあまり変わらずに残っていますので、まだ、川の水だって飲めますし夏には泳ぐこともできます。 そんな、「正しい日本の田舎の風景が広がる村」からこのページは発信しています。
みなさんの「ふるさと」になれれば嬉しいな・・・。(^^)
         

ブログから新着情報のお知らせ




  
あなたの食卓に あきたの食財を、秋田の地酒とご一緒に。浅利酒店|秋田どんぐり村
〒014-06 秋田県仙北市西木町桧木内字長戸呂79-1  電話 0187-48-2613 FAX 0187-48-2671